おかげ様で、小学生からのお問い合わせを多くいただいております。

おかげさまで、現在小学生の入塾についてお問い合わせが急増しております。

非常に嬉しいことでもあり、地域に必要としていただいていること、心より心より感謝申し上げます。


その中で、小学生の保護者の方にいろいろお話を伺い、実際に当塾を選んでいただいたポイントをご紹介させていただきます。(たぶんに手前味噌の部分があるかと思います、すいません。手前味噌という言い方も古いですね。)

ぜひ塾をお探しの方の参考になればと思います。


①授業が学校対応でもあり、予習学習や次学年の先取りもできる

通常のコースである「難関高校受験コース」では、予習学習、先行学習を実施しています。

そのため、本人の習熟度に併せてどんどん進める生徒は次学年の内容にまで入ることも多々あります。

たとえば、秋の時期になると、すでに小6の範囲を実施している小5生や、中学数学に取り組む小6生も居ます。

あくまでも個人別習熟度別に授業を実施できる築塾だからできるやり方です。


※余談ですが、、、小学生に難関高校受験コースというと意味が分かりにくいと生徒に言われてしまいました。ごめんなさい。あくまでも将来の一つの目標に向けて頑張ろうというコース設定になっております。


②基礎固めで算国の文章題をして欲しいから

基礎復習コースである「基礎力養成コース」では塾に慣れていない生徒や、まず学習の仕方を学びたい生徒に好評です。

特に、算数では文章題や図形など、計算だけではなく、思考力の部分に力を入れて授業を実施します。国語でも言葉のきまりや、文法的に学んでいくことで、将来の現代文対策や英語にも繋げていくことを意識しております。


③授業料が集団授業塾や大手個別指導塾より安い

安いというと語弊がありますが、やはり重要なのは、大手塾のように過大な広告費や本部社員経費などがありません。そのため本来の講師の先生方にお支払いする対価以上の授業料をいただかないように頑張っております。

特に意識しているのは、少しでも学習の機会を一人でも多くの子どもたちに与えていきたい。そういう想いで運営しております。(こういう言い方をすると宣伝ぽくなりますね、、、すいません。でも大手塾の経験をもっているので、大手塾以上の費用対効果をしっかり出せるようにはがんばっております。)


☆あと、兄弟姉妹割引もお問い合わせが多いです。現在ご兄弟姉妹でお通いの方は10組20名ほどいらっしゃいます。

月額授業料の割引や、入塾金無料もありますので、ぜひご兄弟姉妹でもお越しください。


④学校帰りに寄りやすい、自習に行きやすい

早い時間は16:10から授業が始まります。その際にランドセルのまま塾に来る生徒もおります。また17:40からの授業の場合でも、17時前には塾に来て自習をしている生徒もおります。学校の宿題を塾でやるのもOKです。入退室メールで生徒の安全管理もできるのも大事だと思っております。


最近は、保護者の方もお忙しい時が多いです。そういう時は授業が無い日ても、教室に生徒を送り込んでいただいてもOKです!AI学習やタブレット学習での自習などで対応しております。保護者のみなさまの負担を少しでも減らしていきたいと思っております。


⑤全国模試で実力判定も確認できる

全国模試として、築塾模試を年3回実施しております。これにより実力を通知簿意外に判定を確認することが可能です。この全国模試は塾に通う生徒がメインの模試のため、難易度が高いですが、その中でもまれることで中学に上がった時に、かなり実力が伸びていきます。ぜひお試しください!


⑥授業の時間が選びやすい

個別指導の利点の一つですね。曜日や時間を好きに選べますので他の習い事との併用が容易にできます。また体調不良時の振替にも完全対応していますので、どのような状況でも柔軟に対応できるのはご好評をいただいております。


⑦中学入試対応も多くの実績がある

中学入試に関しては、すでに多くの合格実績を積んできております。中学入試は進学塾(集団塾)に通うのが一般的ですが、築塾を選んでいただいた保護者の方が口をそろえて言われるのが、「大手進学塾がしんどい」と。中学入試は確かに厳しい受験です。一般的に進学塾も詰込み型で、有無を言わせず叩き込む学習スタイルが多いです。特に関西の進学塾は、関東の進学塾に比べても拘束時間が長いのが特徴です。その中で生徒も保護者の方もかなり神経をすり減らします。なんのために入試に挑むのか、なんのためにその学校を目指しているのか、途中で分からなくなる子どもを多く見てきました。築塾では、その部分を大切に扱いながら、本人が精神的に追い込まれないように細部までフォローをいたします。中学入試で迷ったときはぜひ築塾にご相談ください!



以上が、保護者の皆様から頂いた実話です。長文になり失礼いたしました。

かなりアピールを含めての内容になってしまいましたが、上記の内容で気になるところがあればぜひご連絡ください。






特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索

Copyright© kizukijuku All Rights Reserved